雷から電子機器を守るためには必須!後で困らないようにしておくべき落雷対策の基礎知識

こちらのサイトは、雷から電子機器を守るためにはどのような落雷対策が必要であるのか、被害に遭ってしまい後から困らないようする落雷に関する対策の基礎知識をご紹介しています。
一般的に、建築物に落雷の被害を与えないようにするための設備と聞くと避雷針をイメージされる人は多いといえますが、パソコンなどのOA機器は避雷針だけでは十分な対策にならないケースもゼロではなく、自分でできる対策にはどのようなことがあるのかなどわかりやすく解説しているので参考にされる良いでしょう。

雷から電子機器を守るためには必須!後で困らないようにしておくべき落雷対策の基礎知識

雷の被害総額は、年間で1,000億円から2,000億円などといわれていますが、これは2002年の電気学会の報告による金額です。
年々雷の被害は増えていることからも、被害総額はこれを超えるものと考えられるわけですが、避雷針の設置は落雷対策の一つであり電子機器を落雷の被害から防止するためには避雷器などの装置がおすすめです。
工場内の機械やオフィスの電話、パソコンなど建物中で利用しいている電子機器類は避雷針から守ることはできないといわれています。
建物中で利用する設備機器を雷サージから守ることができるのが避雷器の役割であり、分電盤や信号回線などに装備することで落雷対策を講じることが可能です。
なお、避雷器はSPDもしくは低圧サージ防護デバイスなどの正式名称を持ちます。

落雷対策において重要となるサージ電流とは?

落雷によって受ける可能性がある被害は多岐にわたりますが、サージ電流による電子機器や家電製品などの故障もその中のひとつです。
サージ電流とは、電気回路などに瞬間的に発生する定電流を大幅に上回る過渡電流のことを指します。
この過渡電流が発生する原因には様々なものがありますが、代表的な原因のひとつが落雷です。
雷が落ちた場合、直撃を受けた建物や木には非常に大きな電流が流れますが、同時に周囲の電線や電話線などにも電磁誘導によって高圧の電流が流れます。
この高圧の電流が落雷によるサージ電流となりますが、この高圧電流は電線を通して建物内へと侵入し、電子機器や家電製品などの回路を破壊します。
使用中の機器はもちろん、使用していなくてもコンセントにつながっている機器にも影響が及び、故障などの不具合につながる恐れがあります。
そのため、落雷対策では建物や人体を雷から守るだけでなく、この過渡電流による被害を最小限に留めることが重要です。
また、具体的な落雷対策方法としては、雷が鳴り始めたら全てのコンセントを抜くのが最も確実な方法です。
ただし、コンセントを抜けない機器もありますし外出中は対応できないという問題もあるので、必要に応じて避雷器を設置するなどの別の対策を講じておきましょう。

落雷対策に関する情報サイト
落雷対策の重要性

こちらのサイトは、雷から電子機器を守るためにはどのような落雷対策が必要であるのか、被害に遭ってしまい後から困らないようする落雷に関する対策の基礎知識をご紹介しています。一般的に、建築物に落雷の被害を与えないようにするための設備と聞くと避雷針をイメージされる人は多いといえますが、パソコンなどのOA機器は避雷針だけでは十分な対策にならないケースもゼロではなく、自分でできる対策にはどのようなことがあるのかなどわかりやすく解説しているので参考にされる良いでしょう。

Search